私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  2013年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クリソライト(GIジャパンダートダービー)

クリソライト

ダート界のニューヒーロー誕生と言っていいだろう。

今年のジャパンダートダービーは、1番人気のクリソライトが早めに抜け出し、直線では後続を引き離しての圧勝。

一頭だけ次元の違うレース振りで、乗せているエンジンが違った感がある。

父仔制覇となるこのレースでは、2着に7馬身差もつけて優勝したのだが、これは父ゴールドアリュールが同レースで優勝した時の着差とまったく同じだ。

パドック映像を見た限りでは、牡馬らしい堂々とした体つきをしている。

長躯短背のカテゴリーに入るタイプの馬体で、繋が短めながら柔らかいという特徴は、父から受け継いだものだろう。

一方、やや首が短い馬でもあり、この特徴に関しては母父エルコンドルパサーの影響が出ているかもしれない。

エルコンドルパサーは前述のような首の短いタイプか、もしくは全体に伸びがあって薄手の馬体か、という2通りの産駒を輩出する傾向にあった。

JDD前の調教VTRを見ると、まっすぐそして力強く駆け上がってくる姿が印象的で、特にかき込むような前脚の使い方からは明らかにダート適性を感じる。

実際、父がゴールドアリュールで母はJCダート馬アロンダイトの全姉なのだから、配合段階から“ダートの鬼”を生産しようと意図していたのかもしれない。

父のゴールドアリュールは、現役時にダートGIを4勝した強豪だったが、新馬戦を芝で勝ち上がっていたりダービーでも5着するなど、ある程度の芝適性も備えていた。

サンデー×Nureyev牝馬という配合からは、薄手の馬体ではないにしろある程度柔らかい馬体を想像するのだが、ゴールドアリュールの場合は明らかにパワータイプの馬体だ。

この馬体的影響は、彼の血統表を見る限りHostageあたりから受け継いだのだろう。

Hostageに関しては、実馬を見る機会を得たことはないものの、写真などを見るとNijinsky系らしい力強さと雄大さを感じさせる。

その影響か、ゴールドアリュールも馬格のある種牡馬だ。

ただ、繋のつくりなどはダート馬らしく短い繋ではあるものの、芝でも成績を残していたように歩様などからは十分な柔軟性が窺える。

例えばサウスヴィグラスなどもそうだが、ダート系種牡馬で短い繋をしているとはいえ、その繋はやはり柔らかいほうがベターなのかもしれない。

さて、ゴールドアリュールの血統で特徴的なのは、Hyperionのラインが強い血脈が3本存在する点だろう。

Mountain Flower

Nureyev

Vaguely Noble

このMountain Flower(サンデーサイレンスの2代母)、Nureyev(ゴールドアリュールの母父)そしてVaguely Noble(ゴールドアリュールの3代母の父)の3頭は、いずれもHyperionクロスを持つ血脈だ。

Hyperionのラインは持続するスピードを伝える傾向にあるが、直線の長い東京コースの芝レースであるダービーで5着したという成績も、このHyperionの影響なのだろうか。

クリソライトの母クリソプレーズは、JCダートを制したアロンダイトの全姉にあたる。

この全姉弟の血統パターンで特徴的なのは、Nearco/Prince Roseのニックを持つ血脈が3本存在する点だ。

すなわちSeattle Slew、RivermanそしてPrince Tajの3頭である。

Seattle=River=Prince

一つの血統表に3つの血脈を押し込めている。

いずれもNearco/Prince Roseのニックを持つ血脈であることがわかるはずだ。

クリソプレーズはアロンダイトと全きょうだいの関係にはあるが、両親から受け継いだ染色体には違いがある。

これは性別の違いからくるもので、アロンダイトは牡馬であるから受け継ぐ染色体のタイプはXY、一方クリソプレーズは牝馬なのでXXである。

重要なのは、クリソプレーズが父エルコンドルパサーからY染色体ではなくX染色体を1本受け継いだ点にある。

エルコンドルパサーが牝駒に伝えるX染色体は母サドラーズギャルに由来するものだが、サドラーズギャルはその血統背景からダブルコピー牝馬だと推察される。

エルコンドルパサー

エルコンドルパサーはダブルコピー牝馬の息子なので、いずれのX染色体を受け継いでも大きな心臓の因子を牝駒に伝えることができるというのがXファクターの考え方だ。

そのため、クリソプレーズが牝馬であることが重要なのである。

ゴールドアリュール×エルコンドルパサー牝馬の組み合わせからは、Special=Lisadellの全姉妹クロスが4×5・6・6でクロスする。

この配合で牡馬が生まれた場合には2本が、牝馬が生まれた場合には4本中3本がハートライン上でクロスされることになる。

ハートライン上のクロスは配合手法として有効である考えているが、そのことは『サラブレ』や『サラBLOOD!』誌に寄稿した記事のなかでも紹介させて頂いた。

ゴールドアリュール×エルコンドルパサー牝馬の血統を持つ馬は、中央で10頭中6頭勝ち上がっていて(7月24日現在)、ある程度の相性の良さを証明している。

この組み合わせでは、父の血統的特徴であるHyperion系の血脈が母父エルコンドルパサーの血統にも多く含まれていることから、産駒の代でもその血統傾向を継続させることが可能だ。

また、母クリソプレーズが持つSeattle Slew≒Riverman≒Prince Tajに関しても、父ゴールドアリュールの4代母Shoshannaが同様のニックを持っているので、クリソライトの配合にも生かされた。

要は、クリソライトは父母の血統的長所をうまく受け継いだ血統パターンの持ち主だと言っていい。

自分が血統評価するとき『A+ A B+ B C C- D』と7段階で評価することにしているのだが、私がもしクリソライトの血統に評価を与えるとしたら“A”である。

彼の血統を考察した限りは、その潜在能力はもしかしたら父より上ではないか。

ホッコータルマエをはじめ、現在ダート中距離の古馬勢は層が厚いが、この3歳馬ならレースであっさりと千切ってしまう場面が見られるかもしれない。

それほどの逸材だけに、今後の成長ぶりには大いに注目している。
スポンサーサイト
[ 2013年07月24日 12:51 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)

『サラブレ』8月号誌上に「名配合百景②キズナ」を寄稿

7月13日に発売された『サラブレ』8月号誌上で、「名配合百景②キズナ」の執筆を担当させて頂きました。

http://www.enterbrain.co.jp/product/magazine/sarabre/13002608

この企画は、別冊ムック本の『サラBLOOD!』誌上で第1回(メイショウマンボ)が掲載されていますが、そちらも私が執筆を担当しております。

血統や配合に興味のある方は、是非ご購読下さい。

なお、縁あって私が「名配合百景」の第1回・第2回を担当させて頂きましたが、これは私の連載というわけではありません。

また縁があれば私が担当させて頂くことがあるかもしれませんし、あるいは血統・配合のプロの方が、私とは異なる角度で執筆して下さることもあるかと思います。ご期待下さい。


キズナ
[ 2013年07月16日 20:09 ] カテゴリ:お知らせ | TB(-) | CM(0)

マイネルホウオウ(G1NHKマイルC)

マイネルホウオウ

たまには新馬勝ちした馬やローカル重賞を勝った馬を取り上げようかとも思ったが、諸事情で後回しになっていたNHKマイルCの勝ち馬マイネルホウオウを取り上げることにした。

そのマイネルホウオウは、日高地方の新冠町で牧場を構えるヒカル牧場の生産。

家族経営とのことだが、日高地方で家族形態の牧場は珍しいものではなく、そのほかでは数人の従業員を雇う程度の牧場が大半を占める。

自分の牧場もこれら中小規模の範疇に入るが、大手の牧場に比べれば確かに資金力の面で不利ではある。

それでも、各々の牧場の特徴を生かせば、中小牧場でもG1馬を生産することは不可能ではないということをマイネルホウオウが証明してくれた。

自分の牧場でも、また(というか何回でも(笑))重賞勝ち馬を生産・育成したいものだ。

マイネルホウオウの父であるスズカフェニックスにとっては、この3歳世代が初年度産駒になるが、その産駒頭数は決して多くない。

サンデー直仔にしてG1ホースであるスズカフェニックスは、叔父に英ダービー馬ドクターデヴィアスや高松宮記念を制したシンコウキングがいて、一流といっていい血統の持ち主である。

それでも産駒数に恵まれなかったという事実は、現在の日本の生産マーケットにおいて、サンデー系の飽和がいかに顕著であるかを示唆している。

サンデー直仔の種牡馬の場合、繁殖牝馬側にサンデーの血が先に入っていると、どうしても配合が難しくなる。

さて、そのスズカフェニックスの産駒に関してだが、現在のところ中央勝ち馬はマイネルホウオウを入れて3頭という状況。(6月30日現在)

これら3頭に共通する血統的特徴は、“母側にNearco/Prince Roseのニックを持つ血脈が存在する”という点にある。

マイネルホウホウの血統内ではMitterandが、スズカアドニスではTable Play、そしてミラクルラヴィの場合はSeattle Slewと2本のSecretariatがこのニックを持つ。

これは、スズカフェニックスの3代母であるRose Redが、Nearco/Prince Roseのニックを持つことが関係しているかもしれない。

実際、Rose Redの孫にあたるシンコウキングの種牡馬成績にも、同様の傾向が見られる。

シンコウキングは豪・新国で5頭のG1勝ち馬を輩出して成功したが、これら5頭は例外なくその母系にNearco/Prince Roseのニックから成る血脈を持つという事実は興味深い。

マイネルホウホウの血統に限って言えば、Rose Red≒Mitterandという相似な血の関係にも着目したい。

Rose=Mitterand

この2つの血脈は、前述のとおりNearco/Prince Roseのニックを持つのだが、それぞれの2代母がTourbillon系である点まで共通していて、その血統的親和性は高い。

ただ、ホウオウの血統ではそのような相似な血の存在よりも、Northern Dancer4・5×5のクロスのほうがシンプルで目立つ血脈だろう。

このクロスは“息子”と“娘”を経たクロスで、個人的に好きな配合手法の一つであるが、実際にはスズカフェニックスの母ローズオブスズカの代でこの手法が用いられている。

そのため、Northern Dancerを内包する繁殖牝馬にスズカフェニックスを配合すると、Northern Dancerの血脈が必ず息子と娘を経てクロスされる。

さらに、スズカフェニックスの持つ瞬発力の源ともいえるAlmahmoud(Northern Dancerの2代母)の牝馬クロスが、そのNorthern Dancerクロスを経て強化される血統パターンになる。

マイネルホウオウのNHKマイルCのパフォーマンスを見る限り、このNorthern Dancer~Almahmoudのラインが父から仔へ強く遺伝したのではないか。

一方、マイネルホウオウの母テンザンローズは、競走馬として脚元に不安を抱えていたようだが、結局中央では勝てず東海で5勝という成績に終わった。

ただ、優秀とは言い難い競走成績の馬であっても、優秀な繁殖牝馬になることはできる。

特に、同馬の父フレンチデピュティは年々BMSランキングを上げてきている種牡馬で、その繁殖成績から牝系を強化できるタイプの種牡馬だと自分は考えている。

私は血統や配合を調べる際に、Xファクターの観点から考察することを一つの手段としている。

フレンチデピュティのBMSとしての活躍を見ていると、Xファクター的に優れたX染色体を子孫に伝えているように思えてならない。

フレンチデピュティのハートラインを辿っていくと、4大ハートラインの一つであるBlue Larkspurの名前を見つけることができるが、果たしてその血脈に由来するものなのだろうか。

そのフレンチデピュティは米血脈らしくパワフルなスピードを伝えて、産駒はダート戦での勝ち数が多いのだが、一方で他の系統から素軽さや柔軟性を加えれば芝の大物を出せる種牡馬でもある。

例えば、今年のG2弥生賞を制したカミノタサハラもディープインパクト×フレンチデピュティ牝馬の組み合わせだ。

ディープインパクトはサンデー直仔であるが、サンデー系がもたらす素軽さや柔軟性さらには優れた瞬発力といった特徴は、フレンチデピュティの血脈にとって大いにプラスに働くはずだ。

スズカフェニックスもサンデー直仔らしく、素軽さや柔軟性を併せ持つ馬体の持ち主である。

そして、マイネルホウオウの配合からは、そういう長所を持つ種牡馬を配合することで、母馬の脚元の不安を補完しようとした生産者の配合観が窺える。

マイネルホウオウの血統では、Man o'Warの影響が強い血脈が数本存在する点も興味深い。

まず、ホウオウはHal to Reason4×5を持つが、その母Nothirdchance(エイコーンS勝ち馬)はMan o'Warのインブリードを持つ。

Nothirdchance

次に、マイネルホウオウの5代表では登場しないが、サンデーサイレンスの母父母父にあたるStymie(米国で131戦35勝というタフな競走成績を持つ)の存在がある。

StymieはMan o'War3×3を持つが、そのうち1本のMan o'Warはハートライン上に存在する。

Stymieの血脈自体が、サンデーサイレンスの血統においてハートライン上に存在することを考慮すると、サンデーサイレンスはこのStymieを通じてMan o'Warの大きな心臓を受け継いだのだろうか。

Stymie

スズカフェニックスの2代母の父Alleged(凱旋門賞を連覇)も、Man o'Warの影響が強い血脈だ。

すなわち、息子のWar Admiral3×4を通じてMan o'Warを2本持つ。

Alleged

以上は、マイネルホウオウの父(スズカフェニックス)内に存在するMan o'Warの血脈たちだったが、今度は母テンザンローズの血統に目を向けてみよう。

テンザンローズの血統でMan o'Warの血脈が強いのは、何といってもリアルシャダイだろう。

前述したNothirdchanceを持つほか、In Reality(フロリダダービー等)の存在が大きい。

この馬は、Man o'Warの息子War Relicを3×3で持つ。

In Reality

少々深く考察してしまったら、頭のなかのエンジンが止まらなくなってきたので(苦笑)、備忘録程度にもう少しマイネルホウオウにおけるMan o'War系の生かされ方を記しておく。

すなわち、フレンチデピュティ内Eight Thirty(メトロポリタンH等)の血が、上記4本のMan o'Warの影響を受けた血脈のうち、3本の血脈と血統的親和性が高い関係にある点を指摘しておきたい。

まず、Eight Thirty≒War Relicの関係がある。

Eight Thirty=War Relic

War RelicはIn Realityの血統でインブリードされた形で存在するが、この『Eight ThirtyにIn Realityを当てる』という配合パターンは、フジキセキの母ミルレーサーやエンパイアメーカーの2代母Image of Realityの血統にも見られる手法だ。

次に、Eight Thirty≒Stymieの関係がある。

かなり血統的親和性の高い関係にあるのだが、5代表での比較ではわかりづらいので、ここはあえてそれぞれの母であるDinner Time≒Stop Watchに焦点を当てたい。

Dinner Time=Stop Watch

血統表での比較を見てわかるように、見方によってはDinner Time≒Sunset Gunという捉え方もできるだろう。

そして最後に、Eight Thirty≒Nothirdchanceによる相似な血の関係を挙げておく。

Eight Thirty=Nothirdchance

Eight Thirtyの父方(Pilate)に相似な血が存在しないようにも見えるが、Friar Rock≒Man o'Warの関係(Eight Thirty≒War Relicの血統表を参照)を把握しておくと、その血統的親和性の高さがわかるはずだ。

改めてマイネルホウオウの血統パターンを振り返ってみると、全体に米血脈が強い印象を受ける。

脚元などは父スズカフェニックスの芝向きの柔らかさが見られるが、脚から上の造りには力強さを感じる。

将来は、案外ダート路線でも頭角を現すかもしれない。
[ 2013年07月05日 20:35 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)

ホッコータルマエ(交流G1帝王賞)

ホッコータルマエ


交流G1の帝王賞は、3番人気のホッコータルマエが最後の直線で1番人気のニホンピロアワーズを退けて優勝。

これで、ダート重賞は交流を含めると5連勝となる。

本格化して、まさに充実期を迎えているホッコータルマエ。

その父キングカメハメハは非サンデー系の筆頭で、過去にはリーディングサイアーも獲得した名種牡馬だ。

丸みを帯びたトモから繰り出される力強いスピードと瞬発力を武器に、変則二冠(NHKマイルC、ダービー)を制覇したが、産駒の馬体を見てもそのトモを父から受け継いでいる馬が多い印象を受ける。

全体の馬体の雰囲気は父似と思える馬もいれば、母馬のほうが出たのだろうと想像できる体つきの馬もいて、比較的さまざまな馬体の産駒が誕生する。

自分の牧場でも何頭か生産したことがあるが、どちらかといえば母似の雰囲気を持った馬が多く生まれた記憶がある。

キングカメハメハの血統的特徴で一つ指摘しておきたいのは、Neriad(Kingmamboの4代母)≒Milan Mill(Mill Reefの母)による4分の3同血クロスだ。

Neriad=Milan Mill


Milan MillはMill Reefの母なので、キンカメ産駒でMill Reefクロスを持つ馬であれば、父が持つこの4分の3同血クロスの関係を強化する血統パターンになる。

ローズキングダムがまさにこのパターンで、この馬はMill Reefを5×4のクロスを持つ。

ただ、キンカメの血統で最も影響を与えているのは、おそらくNorthern Dancer4×4・6のラインブリードだろう。

まず、キングカメハメハの父KingmamboがMr.Prospector×Northern Dancer系牝馬という有名なニックを持つに注目できるが、息子キングカメハメハも同系ニックの配合から生まれている。

つまりは、ニックの継続を図ったわけだ。

さらに、Mr.ProspectorとNative Dancerの血脈それ自体が、Native Dancer/Nearcoのニックを持つ点で共通する。

また、Northern Dancerの父NearcticはNearco/Hyperionのニックを持つが、キンカメの血統には他にSpecial(Nureyevの母)やHornbeam(Blakeneyの母父)も同ニックを持つ血脈として登場する。

これらの点から、Northern Dancerクロスがキンカメの競争能力に直接的・間接的に影響を及ぼしていると推測する。

そして種牡馬になってからは、サンデー系牝馬と配合されることで、キンカメの持つ3本のNorthern Dancerを経て、その2代母であるAlmahmoudのラインを強化することができる。

このAlmahmoudのクロスは、牝馬クロス特有の瞬発力とスピードの遺伝が期待できるし、キンカメの種牡馬成績からもそれを窺い知れる。

一方で、キンカメの血統でNorthern Dancerの血脈を間接的にサポートするMr.Prospectorをクロスさせるなどして、このラインを強化を図った配合からは、米血脈らしいパワフルなスピードを持った産駒も誕生する傾向にある。

ホッコータルマエもMr.Prospectorを3×5でクロスさせた配合だ。

その母マダムチェロキーは中央で46戦して4勝。

牝馬にしては非常にタフな競走成績で、レース間隔を振り返ってもその丈夫さが窺える。

自分の牧場では、現役馬の段階で繁殖牝馬としての将来を意識し始めたら、20戦前後を目処に引退を考慮に入れるケースが多い。

あまり、馬体にダメージがあると繁殖としての将来に不安を感じてしまうからだ。

ただ、競走馬のふるさと案内所で紹介されている写真を見る限り、マダムチェロキーの馬体にマイナスのイメージをもたらすような雰囲気は感じられない。

むしろ脚元が丈夫で、馬体の張りも良さそうに見せる。

Blushing Groom系ということで、馬体のサイズはそれほど大きくないのだろうが、その馬体サイズの補完と質の高いスピードの遺伝を狙ってキンカメを配合したのだろう。

そして、産駒であるホッコータルマエの馬体とレース振りを見る限り、その狙いは見事に反映されている。

マダムチェロキーの血統については、まずその父Cherokee Runに注目すべきだろう。

cherokee run


Cherokee Runの血統パターンはNasrullah4×4が息子と娘を経てクロスしているほか、その4分の3同血であるRoyal Chargerも2本入っていて、このラインによる性的にリンクしたクロスが特徴的だ。

その血統背景とBCスプリントを制して米チャンピオンスプリンターに選ばれたという事実から、すぐさまスプリンターという印象を持ってしまう。

確かに脚は短めの馬体だが胴はそれほど詰まっておらず、実際9Fの米G2ドワイヤーSも勝つなど、生粋のスプリンターというわけではない。

種牡馬成績も、米国における産駒は8~9Fの重賞を制している馬が目立ち、ある程度距離は持つ傾向にある。

マダムチェロキーもダ1700~1800で4勝していて、その成績から短距離馬というより中距離馬のカテゴリーに入る馬だろうが、これに関しては彼女の母父Unbridledの影響もあるだろう。

特にマダムチェロキーの母アンフォイルドの繁殖成績は良好で、マダムチェロキーと同様にスズカフォイルとスズカロジックもそれぞれ中央4勝し、さらに地方ではコスモプリズムが交流重賞を3着2回するなどしている。

Unbridledがハートライン上という形で母系に入るのは大変好ましく、このことは今年のケンタッキーダービー馬であるOrbの記事でも書いた。

さらに、マダムチェロキーの血統的特徴として、Teddy系とPharos系による組み合わせを持つ血脈が多く存在する点が挙げられる。

すなわちSilver Saber、Maid to Rule、Gold Digger、Bold Forbes、Pocket Editionがそうである。

これに関連して、マダムチェロキーの血統ではGold Digger(Mr.Prospectorの母)≒Flight Bird(マダムチェロキーの4代母)による相似な血の関係がある。

Gold Digger=Flight Bird

2頭を照らし合わせると、前述のTeddy系およびPharos系を持つ点で共通するほか、両者ともCount Fleetを持っている。

ここで重要なのは、Gold DiggerがMr.Prospectorの母であるという事実だ。

ホッコータルマエはMr.Prospector3×5を持つが、このクロスが母マダムチェロキーが持つGold Digger≒Flight Birdによる相似な血のクロスを強化する血統パターンをもたらす。

さらに、タルマエの母父Cherokee Runをはじめ、マダムチェロキー内に豊富に存在するNasrullah系の血脈も、父キングカメハメハがNasrullahを4本持つことで、絶対値の高いスピードがタルマエに伝わったのではないか。

同じ父を持つロードカナロア同様、こちらも非サンデー系ということで、将来は種牡馬としても注目されるかもしれない。

それまで、現役中にどれだけダート重賞を勝ってくれるか。

今の勢いと実力なら、そう簡単には負けない印象を受けるが、日高地方産の馬だけにこれからも応援したい。
[ 2013年07月03日 12:41 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。