私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  2016年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モーリス(GⅠ天皇賞・秋)

モーリス

私の東京競馬場に対する印象を血統的見地から述べるならば、「Hyperionの強い馬が活躍する競馬場」と評するだろう。

Hyperionの影響が強い血統パターンを持つ馬は、スピードが持続する傾向にあり、直線の長い東京コースはその能力を存分に発揮できる競馬場だと言える。

モーリスの父スクリーンヒーローもまた、Hyperionのインブリードを持つノーザンテーストやMountain Flower、あるいはHyperionを4本持つグラスワンダーなど、全体にHyperionの強い血統パターンを持つ。

実際、スクリーンヒーロー自身の競走成績はジャパンC、アルゼンチン共和国杯と重賞は2勝のみだが、この2つのレースはいずれも東京コースである。

付け加えるならば、2着した秋の天皇賞も東京コースだ。

全体にHyperionの血に恵まれたスクリーンヒーローであるが、より近い世代での血統的特徴を挙げるならば、Hail to Reason系×Northern Dancer系の組み合わせを活かした点だろう。

上記モーリスの血統表を見てもわかるように、スクリーンヒーローは父グラスワンダー、母ランニングヒロインともにHail to Reason系×Northern Dancer系の組み合わせを持つ。

同じ血統傾向を持つ馬同士の「相似配合」とも言える血統パターンであり、こういう血統がいつも好ましい結果をもたらすとは限らない(実際、全妹は中央未勝利に終わっている)が、成功した時の爆発力は大きい。

相似配合といえば、スクリーンヒーローの3代母モデルスポートには、モデルフール≒Red Godという相似クロスがある。

モデルフール=Red God

2つの血脈は互いにMenow、Blenheim、Bull Dogを持つ点で共通している。

彼女の孫娘ランニングヒロインの代から見れば、モデルフール≒Red Godの関係にCosmahを加えた相似クロスとも言える。

この場合、3者それぞれがPharamondやBlenheimを有する関係であり、加えてCosmah≒モデルフールについてはBlue Larkspurを持つ点でも共通する。

スクリーンヒーローの場合には、サンデーサイレンスやノーザンテーストといった非常に影響力の強い血脈が直父系ではなく、母系のほうに入っている点にも好感が持てる。

グラスワンダーの血統も、一般的には良血と言って良いレベルにあるが、その種牡馬成績や産駒の馬体のバラつきを見ると、極端に遺伝的影響力の強い種牡馬とは思えない。

これは、グラスワンダーが種牡馬としてレベルが低いと言っているのではなく、繁殖牝馬側の影響力を引き出しながら産駒に能力を伝える種牡馬ではないか、ということである。

この観点に立てば、「影響力が絶大なサンデーを母父に持つ種牡馬ならば、どれでも成功するのでは?」と考えることもできる。

ただ、その点について私は異なる見解を持っていて、例えばすでに何世代か産駒を送り出しているアドマイヤムーンや来春から供用されるドゥラメンテについては、スクリーンヒーローとはまた違ったタイプの種牡馬なのではないかと思っている。

アドマイヤムーンについては、父エンドスウィープの産駒の勝ち上がり率が驚異的であり、フォーティナイナー系らしい直父系の影響力をアドマイヤムーンやその産駒にも伝えている印象がある。

もちろん、産駒によってはサンデーの影響が程よく受け継がれる馬も存在するだろう。

ドゥラメンテに関しては、父がリーディングサイアーの獲得経験がある名種牡馬キングカメハメハであり、母方も代々GⅠ勝ち馬という文字通りの超良血馬。

母父サンデーも含めて、産駒は父ドゥラメンテを通じてどのラインからも影響され得ると考えられる。

そう考えると、ドゥラメンテのような種牡馬に対しては、それほど遺伝的影響力の強くない繁殖牝馬(血統の質は高いほうが良いと思うが)と配合したほうが、好ましい結果を得られるかもしれない。

実際、ドゥラメンテに関しては、牝系を強化できるレベルの種牡馬だと思っている。

さて、モーリスの話題から離れてしまったが、ここからは彼の母メジロフランシスの血統に目を向けてみる。

彼女自身は他界したとのことで大変残念ではあるが、モーリスという稀代の名馬を送り出してくれた。

彼女の父カーネギーは、Sadler's Wells×凱旋門賞馬Detroitという良血で、自身も凱旋門賞を勝っている。

種牡馬成績が期待ほどではなかったためか、その血はそれほど残っていないが、こういう良血は牝系に入ると効果を発揮する。

興味深いのは、彼の4代母VaneuseがTeddy3×3を持ち、その娘であるカーネギーの3代母Miss BarberieはTeddyを3×4・4で継続クロスし、さらにその娘Derna(カーネギーの2代母)もまたTeddyを4×4・5・5で持つ点だ。

そのDernaの娘であり、カーネギーの母である凱旋門賞馬Detroitについては、その父Rivermanの2代母Nile LilyがTeddy3×3を持つ。

このように、Teddy系の血が強いDetroitに対して、Hyperion4×5を持つSadler's Wellsを配合して凱旋門賞馬カーネギーという結果につながったのは、偶然ではないかもしれない。

なぜなら、HyperionとTeddyは祖先にBay Ronaldを持つ点で共通しているからだ。

一方、メジロフランシスの母系に目を向ければ、3代母に最優秀3歳牝馬の名牝メジロボサツの名前を見つけることができる。

メジロボサツ

彼女の血統的特長は、血統表からわかるようにBlandford4・6×4・5のラインブリードにあるだろう。

彼女にフィディオンが配合されてメジロクインシーが生まれたのだが、フィディオンの2代父TanerkoはBlandford4×4を持つ。

このメジロクインシーにモガミを配合して、重賞4勝のメジロモントレーが生まれたことには注目したい。

モガミという種牡馬は父がGainsborough5・6×5を持つLyphard、母ノーラックはTeddy5・6×5・5のクロスを持っている。

そこにBlandfordの血が強いメジロクインシーを配合すると、興味深い組み合わせが誕生する。

Blandf=Gains=Teddy

3つの血脈を、1つの血統表に押し込めて比較してみた。

血統表の比較から、Blandfordの3代母Black Duchessが、GainsboroughやTeddy内にあるBay Ronaldの母であることがわかる。

私が愛読しているケン・マクリーン著の「クラシック馬の追求」のなかで、Teddy-Bayardo(Gainsboroughの父)-Blandfordの組み合わせは、Black Duchessが息子と娘を経てクロスするので、非常に有効な方法だと書いてある。

メジロモントレーは、その好例ではないか。

ここで忘れてはならないのが、カーネギーの血統パターンである。

上記で考察したように、カーネギーはHyperionやTeddyを通じてBay Ronaldを豊富に持つ点を指摘した。

そのBay Ronaldの母がBlack Duchessであることを考えると、カーネギー×メジロモントレーから生まれたメジロフランシスは全体にBlack Duchessの影響が強い、優れた血統パターンの持ち主だと見なせる。

配合というものはいつも良い結果をもたらすわけではなく、メジロフランシスのような優れた血統パターンであっても、現代のスピード競馬のなかでは重厚すぎたのかもしれない。(彼女は未勝利で現役を終えている)

ただ、この血の質の高さは繁殖牝馬として活かされた。

特に、スクリーンヒーローのようなサンデーの血を引く種牡馬とは、相性が良かったのだろう。

サンデーサイレンスは、Mahmoud4×5を持つほか、その2代母Mountain FlowerはHyperion3×4である。

この2つの血はGainsboroughを持つ点で共通しているが、Gainsboroughが祖先にBlack Duchessを持つことは既述した。

つまり、メジロフランシスにサンデーの血を持つ種牡馬は合うはずなのだ。

実際、メジロフランシスの仔で中央勝ちしているのはモーリスのほか、メジロポッター(父メジロベイリー)とピッツバーグ(父ダノンシャンティ)がいるが、これらの共通項はサンデーの血を持つ種牡馬が父であるという点である。

逆に、サンデーの血を持たないメジロフランシス産駒は中央勝ちしていない。

モーリスの場合、父スクリーンヒーローがサンデーの血を持つほかに、特にHyperionの血が強い点もプラスに作用しているのだろう。

祖先のBlack Duchessの強化にもつながるし、母系にカーネギーを通じてSalder's Wells(Hyperion4×5)を持つモーリスは、父スクリーンヒーローのHyperionも上手く活かしながら、東京の長い直線で素晴らしいパフォーマンスを見せた。

次走は香港になるのだろうが、血統はもちろん、筋肉の発達したあの素晴らしい馬体ならば勝算は十分にあるだろう。

個人的には、そこから先の「どのような種牡馬になるか」というところに思いを馳せている。

スポンサーサイト
[ 2016年11月04日 17:08 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。