私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  ゴールドシップ(有馬記念)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゴールドシップ(有馬記念)

ゴールドシップ

2012年を締めくくる有馬記念は、ゴールドシップが有終の美を飾った。

スタートの出遅れと道中最後方という展開で、かなりキツいレースだなと思いながら見ていたが、3コーナーからのロングスパートで、直線ではあの豪脚である。

久々の“芦毛の怪物”の登場といったところか。

父のステイゴールドは、小柄という馬体的な特徴を物ともせず、次々と大物を輩出している名種牡馬である。

今年の種付料は800万円と高額にもかかわらず、昨年末の種付料発表後すぐに満口という人気ぶりだ。

ウチの牧場でも種付権利を取るに至ったが、不景気の世の中で高額種牡馬に種付するということは決して楽なことではないのだが、そういう種牡馬も付けていかないと容赦なく時代に取り残されていくのが今の生産界である。

本来、小柄の種牡馬というのは『産駒も小柄にできやすいから(見栄えの観点から)売るのが大変』というのが多くの生産者の見解だと思う。

それでも、ステイゴールドはこれまでそんなイメージを払拭するに十分な種牡馬実績と、実際に小柄な産駒からでも活躍馬が出ているという内容が評価されてか、セリ市などでも馬格など関係なく評価されているところがある。

そのステイゴールドだが、父系Haloと母系にあるNorthern Dancerとの組み合わせから生まれるAlmahmoudクロスが特徴的という、サンデー産駒としては極めてメジャーな血統パターンを持っている。

また、Almahmoudの父MahmoudやHyperionのラインも強く、これにより両血脈に共通するGainsboroughの血脈の影響力もまた特徴的だ。

もう一つステイゴールドの血統で取り上げておきたいのが、Phalaris/Blandfordのニックを有する血脈が複数存在することである。

Cos=Dul=Pri

ステイゴールドの血統には、上記血統表で見てわかるようにCosmah、Dulzetta、Princely Giftという3つの血脈がPhalaris系×Blandford系の組み合わせを持つ。

Princely Giftに関して言えば、父Nasrullahと母Ble Gemの双方がそれぞれこのニックを持っているのが興味深い。

Phalaris系×Blandford系の組み合わせから生まれていなくても、PhalarisとBlandfordを有する血脈という見かたまで視野を広げると、上記3血脈のほかにRoyal ChargerとNorthern Dancerを加えることができる。

計5本の血脈がこのニックを持っていると見なすと、ゴールドシップのもう半分の血統、すなわち母ポイントフラッグのほうはどうなのか。

まず、ポイントフラッグがNasrullah7×5*6*7を持っている点に注目したい。

Nasrullahは、Phalaris系×Blandford系の組み合わせを持っていて、スピード面における遺伝力が非常に強い血脈である。

ポイントフラッグが持つNasrullahラインのなかで、とりわけ注目したいのがトライバルチーフである。

トライバルチーフ

トライバルチーフの父Princely Giftは、その父母それぞれがPhalaris系×Blandford系から生まれていることは前述した。

一方で、トライバルの母Mwanzaもまた、このニックを有しているのである。

トライバルチーフは早熟性のスピード血統というイメージがあるが、ステイゴールドの持つCsomah、Dulzetta、Princely Giftという血脈と合わさることで、ゴールドシップの血統内で異彩を放っている。

Phalaris系×Blandford系という点については、ゴールドシップの血統のやや細かい部分に目を向けたようなものだが、一方でよりマクロな視線で当馬の血統を見ると、ダイナサッシュ≒パストラリズムという大変美しい組み合わせを見つけることができる。

パストラ=サッシュ

互いにNorthern Dancer系×Princely Gift系の組み合わせという点に好感を持てる。

この2つのラインは、どちらもPhalarisとBlandfordを有しているからである。

さらに、この2頭の牝馬の父系(ノーザンテーストとプルラリズム)は、いずれもNorthern Dancer系×Victoria Park牝馬という組み合わせだ。

ダイナサッシュ≒パストラリズムの組み合わせでもう一つポイントになるのが、ロイヤルサッシュ(さらにその母Sash of Honour)とCambrettaがそれぞれ持つNearco/Prince Roseのニックの存在だ。

このニックが、ダイナサッシュ≒パストラリズムの血統的親和性をさらに強くしているように思える。

ちなみに、自分がステイゴールドを付けるなら、Northern Dancerを持っていてHyperionが強くて、欲を言えばNearco/Prince Roseのニックを持っている繁殖牝馬に配合したいと考えている。

実際、今年はそういう牝馬に配合予定である。(現時点では、という流動的な考えではあるが…)

ゴールドシップも自分がイメージするステイゴールド配合に沿っていて、非常に好感が持てる血統パターンの持ち主だ。

早熟系スピードのPrincely Gift5×5の存在が、今後ゴールドシップの成長力にどう影響するかは未知数だが、そのラインもうまく使いながらのダイナミックな配合なので、個人的には今後の活躍も楽しみにしている。

ただ、将来的に海外遠征を考えているなら、できれば今年中に…という想いはある。

最後に『ゴールドシップの血統を語るなら、ステイゴールド×メジロマックイーンの相性にこそ焦点を当てるべきではないか』という考え方もあるだろうが、このニックに対する個人的な見解はあるものの、自分のところにメジロマックイーン牝馬がいないのであまり意味がない。

私にとってはゴールドシップの血統そのもの(将来の種牡馬という観点も含めて)が重要なので、ここでは割愛する。
[ 2013年01月04日 18:30 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。