私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  Dawn Approach(G1英2000ギニー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Dawn Approach(G1英2000ギニー)

Dawn Approach

5月4日に行われたG1英2000ギニーは、無敗で全欧2歳牡馬チャンピオンに輝いたDawn Approachが、今季初戦となるこのレースを5馬身差をつけて圧勝した。

英国BBCのサイトによると、どうやらG1英ダービーに向かう模様。

父New Approachが英ダービー馬である点を評価しての出走だろうか。

ゴドルフィンのレーシングマネージャーによると、レースで掛かるようなところもなく操縦性の高い馬であるそうで、芝12Fという距離に関しても問題もないとのこと。

そのDawn Approachの血統であるが、いつもなら父母の血統パターンに触れてから本馬の話しに進むのが通常の流れだ。

ただ今回は、Dawn Approach自身の血統パターンの部分が長くなりそうなので、父母それぞれの血統に関しては割愛する。

Dawn Approachの血統ですぐ目に付くのは、Northern Dancer≒Icecapade≒AlydarによるNearco/Natice Dancerのニックを活かした組み合わせである。

これらの血脈は、Dawn Approachの血統においては4×4*4に位置する。

また、Rose Bower≒Sun Colonyもメジャーな血の組み合わせだ。

Rose=Sun

いずれも、Nasrullah/Princequilloというニックの血脈を持つ。

前記2つの相似な血のクロスは、比較的わかりやすいタイプのものだと思うが、自分がDawn Approachの血統で一番注目しているのはGalileo≒Phone Trickによる相似な血のクロスである。

Galileo=Phone Trick

一見すると、相似な血の関係には見えないかもしれないが、順を追って整理していきたい。

①Mr.Prospector≒Finnegan(Over the Phoneの父)の関係

Mr=Finnegan

この2者はNasrullah≒Royal Chargerができるのに加えて、Teddy系種牡馬×American Flag牝馬の組み合わせによるRaise You≒Last Waveもあり、血統的親和性が高い。

②Hopespringseternal(Miswakiの母)≒Prattle(Over the Phoneの母)の関係

Hope=Prattle

2者を血統表に並べただけではBusanda≒Mr.Busherしかないようにも見えるが、実際にはBlenheim、BullDog(Sir Gallahad)、Pharamond(Sickle)を持つ点でも共通していて、それなりに相似な血の関係にある。

③Miswaki≒Over the Phone(Phone Trickの母)の関係

Miswaki=Over

これは単純に①+②の結果を受けてのものである。

そして、最後に④Sadler's Wells≒Clever Trickの関係がある。

Sadlers=Clever

互いの父がNorthern Dancer≒Icecapadeという関係に加えて、母系にはDjeddahを持つ点で共通する。

自分がGalileo≒Phone Trickと見なしているのは、これら①~④の血統背景を受けてのものである。

ここまでの調べでは、早熟傾向にあるPhone Trickの影響が強いように思われ、その意味では3歳春以降あるいは中長距離の適性にやや疑問を感じてしまう内容ではある。

それに加えて、実はこの馬、一部で話題になっているスピード遺伝子検査の結果を公表している馬でもある。

結果はC:Cタイプ、すなわち短距離適性のある馬だというのだ。

この検査を行った会社の設立にDawn Approachを管理するJ・ボルジャー師が関わっていることを考慮すると、このスピード遺伝子検査の宣伝も兼ねての公表だったのだろうか。

ただ、C:Cと公表しているのにも関わらず、英ダービー出走という選択をしたことをどう捉えるべきか。

現在、この馬の共同オーナーとなっているゴドルフィンの意向が働いたのか。

あるいは、C:Cタイプと公表している馬が英ダービーを制することで、『高いレベルで持続するスピードを持つ馬』として、将来種牡馬になったときに宣伝する青写真でも描いているのか。

もちろん、スピード遺伝子のタイプは確定診断とはならないので、C:Cが中長距離では絶対活躍できないとは言い切れない。

いずれにしても、今後Dawn Approachの陣営がどのようなレース選択をしていくのか注目したい。
[ 2013年05月07日 20:20 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(1)
Re: お久しぶりです
> kayhonさん、ご無沙汰しております。
> BLOGがこちらで復活していたことにようやく気づきました。
> また勉強させていただきますね!

本当にお久しぶりです。
牧場に若いスタッフが入るなど、最近は以前より仕事にゆとりができた分、ブログなどに時間を回そうと思いまして復活させてみました。

私の方は何度かそちらのブログを拝見していたのですが、もう忘れられているかな?と思いコメントは差し控えておりました。
せっかくコメント頂いたので、今度は私のほうからコメントさせて頂きたいと思っています。
よろしくお願いしますね!
[ 2013/05/13 22:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。