私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  Orb(G1ケンタッキーダービー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Orb(G1ケンタッキーダービー)

Orb

今年のケンタッキーダービーは、Sloppyと呼ばれる馬場に水が浮くコンディションのなかで開催された。

そんな馬場のなか、勝ったのは1番人気のオーブOrb。

スタート直後から中団よりやや後方に待機する形になったが、3コーナーあたりからじわじわと進出し、直線に向かってからは力強く抜け出して優勝した。

父のMalibu Moonは米国で2戦1勝。

2戦目の未勝利戦を勝った後に膝に故障を発生、そのまま引退して種牡馬入りしている。

米国の種馬場にて実馬を見た際には、確かに脚元の不安を感じさせる馬体ではあったものの、その種牡馬成績は素晴らしく、すでに9頭もの米G1勝ち馬を輩出している(5月30日時点)。

米国のセリ市などでMalibu Moon産駒を見ることがあるが、脚元に関しても母側の良いところを受け継ぐ馬が多い印象を受けた。

9頭の米G1勝ち馬のうち、5代内でMr.Prospector、Raise a NativeもしくはNative Dancerのいずれかがクロスしている馬が8頭に上る、というデータは興味深い。

これはMalibu Moonの血統において、父A.P.Indyが持つBold Ruler3×4と、母Macoumbaが持つNative Dancer3×6が関係しているからだと思われる。

Bold RulerとNative Dancerはニックの関係にあり、現代においてA.P.Indy系がMr.Prospector系と相性が良いのも、このニックを強化する血統パターンになるからだろう。

Native=Bold

いずれも母がDiscoveryの娘でありPompeyを持つ点で共通していることは、上記血統表で参照できると思う。

この他に直父系にも血統的親和性があり、Native Dancerの3代父SickleがPhalaris×Chaucer牝馬の組み合わせを持つのに対し、Bold Rulerの3代父Pharosもまた同系配合という関係にある。

このような血統背景から、Malibu Moonと配合する際にはNative Dancerか、あるいはそれと血統的親和性の高いBold Rulerのラインを強化する手法が好ましい。

Orbの血統を見てみると、Native Dancerのラインを4本持っているのと同時に、その孫Mr.Proscpectorを3×4でクロスさせている。

加えて、Bold Rulerも5・6×5のラインブリードでクロスさせていて、私から見るとまさにMalibu Moon産駒の成功パターンと言える血統の持ち主だ。

特にOrbの血統においては、上記5代表を見てもわかるように、Mr.ProspectorとBold Rulerを息子と娘を経てクロスさせている。

このように性的にリンクしたクロスは自分好みの配合手法で、例えば息子同士を経てクロスさせるより遺伝効果が高いのではないかと考えている。

Bold RulerとNative Dancerの影響が強いと思われるMalibu Moonにとって、Orbの4代母Laughterの存在はかなり重要だったかもしれない。

彼女は、Bold Ruler×Native Dancer牝馬の組み合わせから生まれていて、Malibu Moonの血統的特徴を生かすには最適な血統パターンを持つ。

ちなみにLaughterは“悲劇の名牝”Ruffianの4分の3姉にあたる。

血統的にはRuffianのほうが繁殖牝馬として上ではないか思える血統をしているだけに、彼女が繁殖牝馬になる前にこの世を去ったのは残念でならない。

ただ、Laughterに関してもPrivate Termsを輩出したり、孫の代からコロナドズクエストが出るなど、その枝葉はある程度の拡がりを見せている。

ところで、OrbはA.P.Indy系種牡馬×Unbridled牝馬という組み合わせなので、現在米国で人気種牡馬として繋養されているTapitと同系配合ということになる。

Orb=Tapit

ダブルコピー牝馬Gana Facilの息子であるUnbridledを母父に持つことは、競走馬としてのみならず種牡馬としても有効だろう。

その血を受けて大きな心臓を持つことができれば、その因子を自身の牝駒に受け継がせることができるからだ。

Orbの母Lady Libertyがダブルコピーかどうかは微妙なところだが、Unbridledの娘なので少なくともシングルコピー牝馬ということになる。

そして、Orbの競走成績を見る限り、その心臓サイズが大きな心臓を伝えるUnbridledに由来する可能性はあると考えている。

特に、ケンタッキーダービーにおける3コーナーあたりからの追い上げ方は、Unbridledの現役時を思い出す。

あのレース振りから、Unbridledから馬体的・血統的な何かを受け継いでいるような印象を受けたのは私だけだろうか。

米国のマーケットでは、A.P.Indy系もUnbridled系も人気があるので、Tapit同様このOrbも将来期待の種牡馬として重宝されるのかもしれない。



ところで、今回からニックネームを『G』に変更させて頂きます。

理由はわかる人にはわかるでしょう。(笑)

この件に関するご質問はご容赦願います。また、ご質問を頂いてもご返信出来かねますので、あらかじめご了承下さい。
[ 2013年05月30日 20:46 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。