私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  推定ダブルコピー牝馬Emollient

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

推定ダブルコピー牝馬Emollient

Emollient


7月13日に行われた米GIアメリカンオークスは、1番人気のEmollientがEmotional Kittenを1/2馬身振り切って優勝。

序盤から3番手で折り合い、向こう場面から徐々に先頭に並ぶように進出し、最後の直線では鞍上のゴーサインに反応して引き離す、という操縦性の高さからはこの馬の賢さを感じた。

レース映像を見る限り、父と同じく背中が少し長いように見せ、またトビが大きい走りなどを考慮すると、ある程度の長い距離に向くタイプかもしれない。

アメリカンオークスは芝10Fだったが、もしかしたら12Fくらいまでこなせるのではないか。

父のエンパイアメーカーに関しては、『サラブレ』の別冊ムック本『サラBLOOD!』に多くのページを割いて頂く形で寄稿しているので、そちらをご購読願いたい。(というか宣伝ですね、これは(笑))

母Soothing Touchは1歳時にキーンランド・9月セールに上場されて、55万ドルでジャドモントファームが落札している。

そして、同ファームの服色で競馬をしたわけだが、競走馬としては6戦して未勝利戦を2着1回3着2回という平凡な結果に終わった。

ただ、その血統背景は群を抜いて素晴らしい。

まず父Touch Gold、2代母の父A.P.Indy、3代母の父Mr.Prospectorそして4代母の父Haloと配されているが、彼らの母はいずれもダブルコピー牝馬と認められる馬たちばかりだ。

それはすなわち、自身の持つ大きな心臓を伝える因子をX染色体を通じて自身の娘たちに遺伝させたことを意味する。

また、Soothing Touchはダブルコピー牝馬Almahmoudに遡ることのできる牝系で、Soothing Touchのボトムラインと代々配合されてきた種牡馬の名前を見る限り、彼女は間違いなくダブルコピー牝馬である。

Soothing Touchのように、競走馬としては未勝利で終わっても、その血統がダブルコピーならば繁殖牝馬としての可能性は大いに高まる。

一方で、父エンパイアメーカーのほうも、その母Toussaudが血統的にダブルコピー牝馬と思われ、Soothing Touchの血統とあわせて考察すると、この両親から生まれたEmollientもまたダブルコピーであることはまず間違いない。

このあたりの考えの導き方は、サラBLOOD!誌上で述べさせて頂いたので、ここでは割愛する。

Xファクターの観点からは素晴らしい血統背景を持つEmollientだが、彼女の持つ血統パターンもまた私好みの手法が随所に用いられている。

例えば、Mr.Prospector4×4とNorthern Dancer4×5は、いずれも“息子”と“娘”を経たクロスで、より大きな遺伝効果があるのではないかと思える配合手法だ。

加えて、El Gran Senor≒Passing Moodによる相似な血のクロスがある。

El Gran=Passing

いずれもNorthern Dancer×Buckpasserによる組み合わせだ。

また、El Gran SenorとPassing Moodの血脈それ自体が、Emollientの血統ではハートライン上に属している点も好ましい。



Emollientにとって、今回のアメリカンオークスでGIは2勝目となる。

初GI制覇は、今年の4月に取り行われた米GIアッシュランドS(AW8.5F)で、2着に9馬身差という圧巻のレース振りだった。

これでEmollientはAWと芝の両方でGIを制したことになるが、その意味ではパワーの必要なダートよりも、素軽いスピード馬場のほうが得意な印象を受ける。

改めて彼女の血統を見ると、母父Touch GoldがNorthern Dancer3×3を、4代母Coup de FolieもAlmahmoud3×3のインブリードを持っていることがわかる。

Northern DancerはAlmahmoudの孫なので、母Soothing Touchの血統には4本のAlmahmoudが存在し、このような血統的特長からは素軽い芝に対する適応の高さが窺える。

素晴らしい血統背景を持つ上に、GIも2勝するなど競走実績も兼ね備えているEmollient。

5代内に程よい数のラインブリードを持っている彼女だが、これらのクロスは繁殖牝馬になっても産駒に対する“資質の固定”を図る上で役立つはずだ。

将来に向かってこのEmollientの血脈をうまく育てれば、数十年後には『Emollientの牝系は走るよね』などと言われるほど、その枝葉を拡げているかもしれない。

それほどの名牝だと思っている。
[ 2013年08月03日 20:36 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。