私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  ジャスタウェイ(GⅠ天皇賞・秋)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャスタウェイ(GⅠ天皇賞・秋)

ジャスタウェイ

今年の天皇賞(秋)は、近走惜敗続きだったジャスタウェイが、最後の直線でこれまでの鬱憤を晴らすかのような見事な末脚で優勝。

2着ジェンティルドンナに4馬身もの差をつけての快勝だった。

そのジェンティルドンナは久々の分“りきみ”があったのか、またスタートが決まりすぎたのか、直線ではジャスタウェイにあっさり交わされてしまった。

それでも、前々で競馬していたなかで上位に残っていたのはこの馬くらいで、負けて強しの内容だった。

能力的には間違いなくトップクラスなので、次走で大きく巻き返しそうな気がする。

さて、そのジェンティルドンナを退けて優勝したジャスタウェイ。

父ハーツクライにとっては、待望のGⅠ勝ち馬誕生である。

ハーツクライはサンデー×トニービン牝馬の配合であるが、この組み合わせではサンデーの2代母Mountain Flowerが持つHyperion3×4とトニービンが持つHyperion5×3・5による、Hyperion系血脈の強化が一つの特徴だ。

この血統的特徴から察するに直線の長い東京コース向きの馬かと思いきや、GⅠ有馬記念やGⅠドバイシーマクラシックの優勝、そしてGⅠKジョージ6世&QエリザベスSで3着するなど、その競走成績からはパワーと底力にあふれた印象を受ける。

そうなると、Hyperion系以外の血統的特徴があるのではないか。

そして、それはNothirdchance≓My Bupersによる米血脈の組み合わせが大きく作用しているように思える。

Nothirdchance=My Bupers

ハーツクライの血統で4×3でクロスするこの2頭は、Blue LarkspurとMan o'WarそしてSir Gallahadを持つ点で共通している。

特にBlue Larkspur×Man o'Warという限定的な見方ではBlue Swords≓Busandaを形成し、またBlue Larkspur×Sir Gallahadという視点ではNothridchance≓Revokedと見ることも可能だ。

要は、それだけ血統的親和性が高い関係なのだ。

ハーツクライ産駒の活躍馬の特徴として、母側に米血脈を持つタイプが多いことに気付いている方々もいらっしゃるだろう。

例えばハーツクライ産駒の重賞勝ち馬は、ギュスターヴクライを除いて、父ハーツクライが持つNothirdchance≓My BupersのうちBlue Larkspur×Sir Gallahad(Bull Dog)を活かした血統パターンを持っているはずだ。

ギュスターヴクライはNothirdchance≓My Bupersのうち母方Relicの血脈を活かすことで、Blue Larkspur(Black Toney系)×Man o'Warの組み合わせを形成するほか、Hyperion系ラインの強化も図った血統パターンを持つ。

では、ジャスタウェイはどのタイプに属するかというと、その血統パターンを考察する限りハーツクライの持つHyperion系の血脈とNothirdchance≓My Bupersのどちらの特徴も活かした、言うなれば“いいとこ取り”の血統の持ち主だ。

Hyprion系ラインの強化という点では、ジャスタウェイの母父Wild Againの血が影響しているように思える。

Wild Again

この馬は、Hyperionを娘と息子を経て性的にリンクしたHyperionクロスを4×3で持っている。

さらにWild Againの2代父Nearcticと、母Bushel-N-Peckが持つNearco/Hyperionのニックは注目すべきで、これはハーツクライが持つHornbeamやGulf Streamと血統的親和性が高い。

一方、父ハーツクライの持つNothirdchance≓My Bupersの活かし方だが、ジャスタウェイの血統においては自身の4代母Blue DoubleがこのNothirdchance≓My Bupersと相似な血を形成する。

Nothirdchance=Blue Double

上記血統表でわかるように、Nothirdchanceが持つBlue Larkspur×Sir Gallahadの組み合わせを、Blue Doubleの母父Blue Gayもまた保有するという関係にある。

My Bupers=Blue Double

My Bupers≓Blue Doubleにおいてはさらに血統的親和性が高く、両者はDouble JayとRevokedを持つ点で共通するほか、Revoked≓Blue Jayという関係も存在する。

ジャスタウェイの母シビルは米血脈が強い血統の持ち主で、上記のように米血脈が活かされていることも影響してか、某誌の立ち写真を見る限りジャスタウェイは少し短めで立ち気味の繋ぎをしている。

その脚元からは少々馬場が渋ってもこなせそうなイメージを持ってしまうが、今回の馬場も良馬場まで回復したようだが、結果的に何かしらの影響があったのだろうか。

さて、父と同じく古馬になって完成の域に達した感のあるジャスタウェイ。

次走がどこなのかはまだ知らないが、血統を考察した限りでは、これまで選択してきた8F~10Fあたりが適距離のような気がする。
[ 2013年10月28日 19:38 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。