私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  メーデイア(GⅠJBCレディスクラシック)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メーデイア(GⅠJBCレディスクラシック)

メーデイア

今年のJBCは、同日にGIを3レースも施行するという日本で初めての試みだった。

結果、売り上げも上々だったようで何よりである。

そんななかで、牝馬GⅠJBCレディスクラシックを制したのがメーデイア。

これで交流重賞5連勝となったわけだが、今回のレース振りもとにかく強かった。

父キングヘイローにとっては、カワカミプリンセスとローレルゲレイロに続く、3頭目のGⅠ勝ち馬輩出となった。

カワカミプリンセス

ローレルゲレイロ

キングヘイロー産駒の活躍馬における血統的特徴は、大きく3つに分けられると考えている。

まず第一に、母側にNorthern Dancerの血脈が存在するパターンで、この場合キングヘイローの持つNorthern Dancerとクロスする形になるほか、Haloとも呼応してAlmahmoudの牝馬クロスを形成する。

日本におけるAlmahmoudクロスの有効性はサンデー産駒で実証済みなので、当然キングヘイロー産駒においても、このクロスは長所だと考える。

第二に、キングヘイロー産駒の勝ち馬には母側にNasrullahの血脈を持つパターンも多い。

キングヘイロー自身はNasrullahを持っていないのだが、この血脈と近親関係にあるRoyal ChargerとMahmoudを複数持つ点には留意すべきだ。

     ┌Nearco
Nasrullah
     | ┌Blenheim
     └Mumtaz Begum
       └Mumtaz Mahal

        ┌Nearco
Royal Charger
         | ┌牡
        └牝 
          |  ┌Blenheim
          └Mumtaz Begum
            └Mumtaz Mahal

     ┌Blenheim
Mahmoud
     | ┌牡
     └牝
      └Mumtaz Mahal

この3者は快速牝馬Mumtaz Mahalの血統的影響を受けてか、一般的にはスピード血脈として知られている。

そのうちのRoyal ChargerとMahmoudを豊富に持つキングヘイローが、Nasrullahクロスを持つ牝馬と相性が良いことは容易に想像できる。

最後に、キングヘイロー産駒は母側にNearco/Prince Roseのニックが存在すると好走する傾向にあり、これを活躍馬の第3の血統パターンとして指摘しておきたい。

例えば既述のGⅠ勝ち馬カワカミプリンセスやローレルゲレイロ、さらに重賞勝ち馬ゴウゴウキリシマはその母系にNearco/Prince Roseのニックを持っている。

特にGⅠ馬カワカミプリンセスはSeattle SlewとSecretariatの2本を、またローレルゲレイロについてはForeseer、Kalamoun、Mill Reef、ボールドラッドの計4本のNearco/Prince Roseから成る血脈をその母系に有する。

この特徴には個人的に注目していて、キングヘイローと配合する際には、その繁殖牝馬がNearco/Prinse Roseを持つか否かを一つの指標にしている。

そういう観点からメーデイアの母ウィッチフルシンキングの血統を見てみると、彼女もまたNearco/Prince Roseから成るSir Gaylordを1本持っていることに気付く。

メーデイアはSir Gaylord5・5×4を持つことで、このニックを強化する血統パターンになった。

Sir Gaylordを絡めてもう少しマクロな視点でメーデイアの血統を見ると、Drone≓Sir Ivor≓Lord Avieという関係も見えてくる。

この3つの血脈はSir GaylordとPharamondそしてMahmoudを持つ点で共通していて、非常に血統的親和性が高い。

そして、その関係にキングヘイローの母父Haloの血脈を加えても良いだろう。

HaloもまたTurn-to(Sir Gaylordの父)、Pharamond、Mahmoudを持っているからである。

Drone≓Halo≓Sir Ivorの組み合わせが最大の血統的特徴であるキングヘイローに、それら3者と血統的に相性の良いLord Avieを有するウィッチフルシンキングを配合するというのは、非常に興味深い血統パターンである。

仮にメーデイアが引退して繁殖牝馬になったら、サンデーの血を持たない血統背景に加えて、サンデー系種牡馬と配合した場合にはHaloが息子と娘を経た形でクロスする血統パターンになるのが好ましい。

将来、彼女が母になったら、そういう配合にも注目してみたい。
[ 2013年11月09日 20:48 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。