私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  ハッピースプリント(交流GⅢ北海道2歳優駿)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハッピースプリント(交流GⅢ北海道2歳優駿)

ハッピースプリント

メーデイアに続き、旬な記事ではないかもしれないが、今回は北海道2歳優駿を制したハッピースプリントを取り上げたい。

前走H3サンライズCを制したことで、今レースでは圧倒的な1番人気に支持されたハッピースプリント。

結果、2着に2馬身差をつけての快勝だった。

中央勢4頭が出走するなか、道営勢が1、3、4着したことは評価されるべきだろう。

これも、昨年から供用開始された坂路効果によるものか。

道営勢は、例えばこのレースで4着したニシノデンジャラスが鎌倉記念を勝っているように、地方競馬のなかではレベルの高い馬が多い。

そのなかでも、とりわけ期待度が大きいのが勝ち馬ハッピースプリントだろう。

日高の名門・辻牧場によるオーナーブリーディングホースであることも、日高を応援する立場としては嬉しい。

さて、そのハッピースプリントの血統に目を向けると、まず気になるのが父アッミラーレの存在だ。

アッミラーレもまた、浦河の名門牧場である酒井牧場の生産馬である。

アッミラーレは、サンデー直仔でありながらダートを主戦場としてOP特別などを制しているが、残念ながら重賞勝ちはない。

にもかかわらず種牡馬にするあたりは、関係者の慧眼によるものだろう。

アッミラーレの血統で注目すべきは、アッミラーレの3代父Hail to Reasonと3代母Spring Sunshineによる相似な血の関係である。

Hail to Reason=Spring Sunshine

互いの2代父Royal ChargerとNasrullahが4分の3同血であるほか、それぞれの母がSir Gallahad(Bull Dog)系×Blue Larkspur系である点も共通していて、血統的親和性が非常に高い関係にある。

このHail to Reason≓Spring Sunshineは、アッミラーレの血統では3×3のポジションに位置していて、同馬の血統パターンの中核を為す存在になっている。

そういう観点からアッミラーレ産駒の勝ち馬たちの血統を見てみると、なかなかに興味深い。

例えば稼ぎ頭であるトキノエクセレントは、父アッミラーレにとって重要な血脈であるHail to Reasonを4×4でクロスさせているほか、Spring SunshineについてはBramalea(Robertoの母)とともに7/8同血クロスを形成し、父の持つHail to Reason≓Spring Sunshineによる相似な血のクロスを強化している。

トキノエクセレントの血統パターンは、アッミラーレを配合する際に参考にできるものだ。

というのも、繁殖牝馬がRoberto(父Hail to Reason、母Bramalea)を持っているだけで、アッミラーレのHail to Reason≓Spring Sunshineという血統的特徴を活かせるからである。

もう一つ、アッミラーレの血統的特徴を活かそうとする場合、面白いと思えるのがMr.Prospectorを持つ繁殖牝馬に配合するパターンだ。

ハッピースプリントの母マーゴーンが、この血統背景を持つ。

すなわち、マーゴーンの父Dayjurから見て母父にあたるのがMr.Prospectorなのである。

そして、そのMr.Prospectorの母Gold Diggerと、アッミラーレの持つHail to Reason≓Spring Sunshineとの間には相似な血の関係が存在する。

Hail to Reason=Gold Digger

Spring Sunshine=Gold Digger

上記血統表ではHail to Reason≓Gold Digger、Spring Sunshine≓Gold Diggerという比較で見て頂くことになるが、要はRoyal Charger≓NasrullahおよびSir Gallahad(Bull Dog)系×Blue Larkspur系のニックの存在という点で共通しているわけだ。

この血統的特徴に加えて、ハッピースプリントの血統はサンデー系×Northern Dancer系牝馬ということで、しっかりとAlmahmoudの牝馬クロスも持っている。

その意味では、アッミラーレ産駒として優等生的な血統パターンの持ち主である。

母マーゴーンの血統に関してはIllutrious、SecreatriatそしてClassy Quilloという3本のNearco/Prince Roseのニックから成る血脈が存在することも、無視できないファクターだろう。

この血をハッピースプリントの代でも活かそうとするなら、父アッミラーレ側にもNearco/Prince Roseのニックを持つ血脈が求められるが、遠い世代ながら辛うじてRoyal Gunnerの名前を見つけることができる。

これをもって、マーゴーンの血をよく活かしているというのは、やや強引な感があるだろう。

欲を言えば、アッミラーレの血統でもう少し近い世代で、それでいて複数のNearco/Prince Roseがあるとなお良かった。

それでもハッピースプリントは、交流GⅢをあっさりと勝ってくれた。

逆にそういうところ(血統を超えたと思わせる強さ)に、大物感を抱かせるのである。

これからどれだけの成長と成績を残してくれるか大変楽しみなハッピースプリント。

まずは全日本2歳優駿の舞台で、2歳ダート№1の座をかけてレースに臨むことになりそうだ。

[ 2013年11月11日 21:13 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。