私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  トーセンラー(GⅠマイルチャンピオンシップ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トーセンラー(GⅠマイルチャンピオンシップ)

トーセンラー


今年のGⅠマイルチャンピオンシップは、直線で素晴らしい末脚を見せて他馬を圧倒したトーセンラーが優勝。

前走が2400MのGⅡ京都大賞典、また今年は天皇賞・春にも出走しているトーセンラーが、GⅠの舞台でマイル戦を戦うというのは調整も含めて難しい面もあっただろう。

さすがはリーディング上位の藤原英厩舎、そして見事トーセンラーを優勝に導いた武豊騎手もGⅠ通算100勝という偉業を達成している。

トーセンラーの父はディープインパクトであるが、このブログでディープ産駒を扱うのはハープスターとデニムアンドルビーに続いて、3頭目になる。

ハープスターとデニムアンドルビーの記事では、ディープ産駒は父ディープが持つAlzaoの血統的特徴から、産駒の母側にNorthern DancerおよびNearco/Prince Roseのニックから成る血脈が存在すると活躍する傾向にあることを指摘した。

血脈の具体例を挙げればStorm Catやラストタイクイーン、Caerleon等がいるが、この血統パターンを持つ血脈は意外に多く、ディープ産駒の勝ち上がり率の一翼を担っている感がある。

その観点から見た場合、トーセンラーはこの血統パターンには該当しないことに気付く。

私の知る限り、母プリンセスオリビアの血統内にNearco/Prince Roseのニックは存在しないのである。

ただ、ディープ産駒のもう一つの成功パターンである、Hyperion系の血脈の強化という点では、トーセンラーは該当する血統馬だ。

ディープは、Mountain Flower(Hyperion3×4、サンデーサイレンスの2代母)とHighlight(Hyperion3×2、ディープインパクトの4代母)という、Hyperionの影響が強い血脈を2本持っている。

一方、トーセンラーの母プリンセスオリビアは、Sadler's Wells(Hyperion4×4、トーセンラーの2代母の父)とVaguely Noble(Hyperion3×4、トーセンラーの3代母の父)の2本を持つ。

Hyperionのラインは持続するスピードを伝える傾向にあるので、このラインが強い血統パターンを持つ馬は、息の長い末脚を持っている場合が多い。

ここまでは父ディープを主体とした考察をしてみたが、「心臓の大きさはX染色体を通じて遺伝する」とされるXファクターの観点でトーセンラーの血統を考察する場合、母プリンセスオリビアの血統のほうが重要になってくる。

プリンセスオリビア

プリンセスオリビアの5代表に黄色でマーキングしているのは、Xファクターの観点から大きな心臓を伝えることのできる種牡馬、もしくはシングルコピーと思われる牝馬たちだ。

また、ピンクでマーキングされたのはダブルコピーと推定される牝馬である。

こう見ると、プリンセスオリビアの母Dance Imageはすべてのハートライン上で色付けされているのがわかる。

これは、Xファクターの考え方からすると、Dance Imageはダブルコピーの可能性があることを意味する。

では、その娘であるプリンセスオリビアもダブルコピーかと言えば、判断は難しいところだ。

父Lyciusの血統を見る限り、確かに大きな心臓を伝えるであろうラインは存在するが、私の考えではそれも1本のみ。

これをもって、Lyciusは大きな心臓を伝えることができる種牡馬だと言い切るのは、やや無理がありそうな気がする。

「Lyciusの仔は牝駒のほうが圧倒的に活躍する」というデータがあるのなら、上記のような考え方も可能だろうが、私の知る限りLycius産駒にそのような傾向はないはずだ。

そういう意味では、過度に高い評価を与えることはできないプリンセスオリビアの血統なのだが、牝馬Goofedをハートライン上でクロスさせている血統パターンには、思わず好感を抱いてしまう。

特にこの牝馬クロスは、私が好きな“息子”と“娘”を経た形でクロスしていて、高い遺伝効果が期待できる。

牝馬クロスは瞬発力の強化につながる傾向にあるが、このクロスは息子トーセンラーの血統でも継続された。

さらにトーセンラーの血統では、Goofedの息子Lyphardも“息子”と“娘”を経た形でクロスしているのだが、このLyphardクロスも母側の1本がハートライン上に存在する点は興味深い。

トーセンラーはGoofedのほかに、父ディープが持つAlmahmoudの牝馬クロスも継続させた血統パターンを持つ。

マイルチャンピオンシップで見せたあの末脚も、Hyperionの持続するスピードと牝馬クロスによる瞬発力がもたらした成果なのだろうか。

父に似てそれほど馬格には恵まれていないようだが、こうして血統を考察してみると、この馬、将来種牡馬になったら結構面白い存在になる気がする。
[ 2013年11月20日 19:41 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。