私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  コパノリチャード(GⅢ阪急杯)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コパノリチャード(GⅢ阪急杯)

コパノリチャード

先週開催されたGⅢ阪急杯では、2番人気のコパノリチャードが終始先頭をキープし、最後は4馬身離して逃げ切り勝ち。

3歳時のGⅢアーリントンC以来となる重賞2勝目だが、いずれも阪神コースであることを考えると、このコースは得意なのだろう。

このブログで、ダイワメジャーを扱うのは初めてだと思う。

ダイワメジャー産駒は骨格がしっかりしていて、ある程度筋肉の発達したタイプが多く、サンデー系に見られる素軽さとは少々異なる馬体をしている。

一方で、繋は柔らかく芝向きのクッションを備えていて、総合的に考えると「ダートもこなせる芝血統」というイメージだ。

芝GIを4勝しているダイワメジャーだが、自身の勝ち上がりはダ1800であり、それも9馬身差をつけての圧勝だった。

それを考慮すると、上記のような評価が的外れだとは思えない。

実際、産駒は繊細で俊敏なスピードというよりも、力強く抜け出すパワータイプのスピードを備えた筋肉の質をしている印象を受ける。

そういう意味でダイワメジャーは、体質などは父よりも母父ノーザンテーストを受け継いでいるのかもしれない。

そのノーザンテーストだが、彼の血統的特長がLady Angela3×2にあることは間違いないだろう。

彼女はHyperionの娘にあたるので、視点を変えるとノーザンテーストはHyperion4×3を持つと考えることも可能だ。

一方でサンデーサイレンスは、2代母Mountain Flowerが同じくHyperion3×4を持つ血脈である。

このように、サンデーサイレンスおよびノーザンテーストという遺伝力の強い2大血脈に加えて、Mountain Flower≓ノーザンテーストという血統背景も相まって、このニックスは多くの勝ち馬を輩出した。

一般的には、期待ほどのニックスを示していないように思われるが、勝ち上がり率や勝ち馬頭数、あるいはニックスEIの数値(JBIS調べ)などを参考にしても、平均よりははるかに優れた成績を収めているのがわかる。

さて、ダイワメジャーの血統に関しては、母スカーレットブーケに見られるLady Angela≓Alibhaiの相似クロスも指摘しておきたい。

Lady Angela=Alibhai

いずれもHyperionを父に持ち、母父はTraceryに遡る。

ダイワメジャーの代では母方にプールされたこの相似クロスは、産駒の代でNorthern Dancerクロスが派生したり、GraustarkやHis Majestyを持つ繁殖牝馬と配合されると、そのクロスが強化される血統パターンになる。

Royal Charger5×5を息子と娘を経たクロスとして持つのも、ダイワメジャーの血統的特長だろう。

マイラータイプのスピードはこのあたりに起因するのではないかと個人的に考えていたが、スピード遺伝子のミオスタチンが発見された今となっては、こういう考え方は古いのかもしれない。

ただ、ダイワメジャー産駒の上位活躍馬のなかに、かなりの確率でRoyak Chargerの息子であるTurn-toクロスを持つ馬が多い点には注目すべきだ。

特にSir Gaylordを経たTurn-toを持つ馬が多く、Sir Gaylordの母系にはPrincequilloを通じてTraceryの血が入っているのだが、ダイワメジャーの母方にもこの血が強く入っている。何か関係があるのだろうか?

最後に、ダイワメジャーの血統でもう一つだけ取り上げておきたいのが、Nothirdchance≓Beau Maxによる相似クロスである。

Nothirdchance=Beau Max

Nothirdchanceはダイワメジャーの3代父hail to Reasonの母であり、Beau Maxは3代母の父なので、ダイワメジャーが見るとNothirdchance≓Beau Maxは4×4に位置する。

血統表を見比べるとBlue Larkspur≓Baba Kennyがあるほか、Man o'Warが存在したりSir Gallahad=Bull Dogを持つ点でも共通している。

このNothirdchance≓Beau Maxは、ダイワメジャー産駒の母方にHail to Reasonがあると強化される形になるが、今回取り上げるコパノリチャードはまさにHail to Reasonクロスを持つ血統パターンに属する。

そのコパノリチャードの母ヒガシリンクスは、競走馬としては不出走に終わっている。

不出走とはいえ、その血統背景はしっかりとしていて、3代母シンティレートは英オークス馬である。

そこにBlushing Groom、Caerleonそしてトニービンと配合されてきたのだから、血の質は極めて高く、繁殖牝馬として高いレベルでコンスタントに勝ち馬を輩出してきたのも頷ける。

非常に興味深いのは、ヒガシリンクスの仔に短距離を得意としている産駒が多い点である。

その血統背景からは、どちらかというと中長距離馬を輩出して然るべき血統だ。

もちろん、サイモンロードやシルクターンベリーのように、ダートながら中距離を得意とする馬も存在する。

ただ、今回のコパノリチャードやコパノオーシャンズなどは芝短距離で活躍している馬たちだ。

ヒガシリンクスの血統を知った上で、もし「彼女のミオスタチンはどのタイプだと思う?」と聞かれたら、私ならC/TかT/Tだろうと答える。

しかし、ここまでの彼女の繁殖成績を見ると、Cアレルのミオスタチンを持っているような気がしてならない。

もし、ヒガシリンクスがCアレルを1本でも保有しているのなら、それはどの血脈に由来するのか?

例えば、仮にそのCアレルがヒガシリンクスの2代母の父Blushing Groomに由来するとして、彼の娘アルガリーはWild Risk3×4を持つのだが、そういうインブリードがCアレルを強く遺伝させるような優性的な作用をもたらすことがあるのだろうか。

そのアルガリーにCaerleonが配されてビッグラブリーが生まれているが、そのCアレルがCaerleonに由来する可能性もある。

私見ではあるが、トニービンはT/Tではないかと考えていて、一方でヒガシリンクスはCアレルを持っているような繁殖成績でもあるので、その場合ヒガシリンクスはC/Tだと推察することができる。

Xファクターの観点からも、トニービンは牝系を強化できる血脈だと見なせるが、実際にこの牝系のなかでもトニービンの血を加えたヒガシリンクスは、繁殖成績が際立って良い。

血統パターンも、Hyperion系の血脈が強いダイワメジャーに、これまたHyperionを豊富に持つトニービンの肌馬を配合相手に選んだのは正解だろう。

また、コパノリチャードのようにNorthern Dancer4×5やHail to Raeson4×6のクロスを持つのは、ダイワメジャー産駒にとって好ましい血統傾向だといえる。

ダイワメジャーの競走成績、そしてこれまでの種牡馬成績から考えると、彼のミオスタチン型はおそらくC/CかC/Tだろう。

天皇賞・秋を勝っていたり、有馬記念で3着したことを考慮するとC/Tの可能性が高いともいえる。

いずれにしろ、コパノリチャードは父母どちらかから最低でも1本のCアレルを受け継いだのだろう。

彼には高い短距離適性があり、切れる脚はないが、その代わり絶対値の高いスピードで押し切れるだけの能力の高さがある。

次走はいよいよGIの高松宮記念となりそうだが、あのスピードがどこまで通用するか、当日を楽しみに待ちたい。



[ 2014年03月07日 21:43 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。