私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  お知らせ >  『サラBLOOD! vol.2』に寄稿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『サラBLOOD! vol.2』に寄稿

3月15日に『サラブレ』誌などを刊行しているエンターブレイン社から、血統ファンに向けた競走馬の血統・配合専門誌『サラBLOOD! vol.2』(編:サラブレ編集部)が発売されました。

http://www.enterbrain.co.jp/product/mook/13335001.html

今回、私は2本の執筆を担当させて頂きました。

まず「新種牡馬レビュー」の記事は、私が種牡馬展示会で実馬を見て感じたことを、私見として記事にさせて頂きました。

また「Xファクター実践術」のほうは、昨年のクラシック勝ち馬の血統表を例に、Xファクターの観点からどのような解釈ができるかを書いております。

このブログを訪れる方々のなかには、すでにXファクターに関する知識をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、はじめて目にする方には、これを機に異なる血統表の捉え方があることを知って頂けばと思います。

昨年6月に創刊された『サラBLOOD!』ですが、不定期とはいえ次号が発売されたのは、記事を担当した一人として大変うれしく思います。

さて、そのサラBLOOD!のvol.2ですが、私自身は馬産地(田舎)に住んでいるため今日やっと手にしました。

全ページ読んだわけではないのですが、一読者としては鈴木由希子TMによる「産駒の性格大事典」に惹かれて読んだら、いろいろと感じさせれらて大変面白かったです。

生産牧場で実際に仔馬を扱う自分としても、「そうそう…そういうところあるよなぁ、この種牡馬の仔」的な感覚を持ちながら読んでいた一方で、「あぁ、言われてみれば…」と改めて気づかされる点もありました。

そして、以前から注目しているスピード遺伝子(ミオスタチン)ですが、創刊号に引き続きvol.2でも詳しく扱われています。

戸崎博士の執筆によるもので、なかには専門的すぎて難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、私個人としてはBTCニュースを読んでいるような知識欲を刺激される内容でした。

これから時間を見つけて、まだ目を通していないページも楽しみながら読みたいと思います。
[ 2014年03月18日 18:33 ] カテゴリ:お知らせ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。