私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  タガノグランパ(GⅢファルコンS)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タガノグランパ(GⅢファルコンS)

タガノグランパ

中京で開催されたGⅢファルコンSは、1番人気のタガノグランパが道中は中断待機しながら最終コーナー辺りから大外を回ってトップスピードに入り、直線では息の長い末脚を使って人気に応える形で優勝。

父のキングカメハメハについては、当ブログではホッコータルマエを取り上げたときに扱っているので、その内容を引用しながら話しを進めたい。

キングカメハメハは非サンデー系の筆頭で、過去にはリーディングサイアーも獲得した名種牡馬だ。

丸みを帯びたトモから繰り出される力強いスピードと瞬発力を武器に、変則二冠(NHKマイルC、ダービー)を制覇したが、産駒の馬体を見てもそのトモを父から受け継いでいる馬が多い印象を受ける。

タガノグランパの立ち姿の写真を探しているのだが、いま手元にあるのは某誌のシンザン記念出走前のものだけ。

その写真を参考にしても、やはり父の特徴的なトモは受け継いでいる。

それに比べて前躯の肩から胸前にかけての筋肉の付き方に幼さを感じるが、このあたりは調教を積んだり出走を重ねるなかで鍛えられていくだろう。

今回の出走でタガノグランパは、シンザン記念を含めると写真撮影時から4戦目になるわけで、パドック映像からも体つきがかなりメリハリがあって逞しくなっているように映った。

父キングカメハメハの血統で一つ指摘しておきたいのは、Neriad(Kingmamboの4代母)≒Milan Mill(Mill Reefの母)による4分の3同血クロスである。

Neriad=Milan Mill

Milan MillはMill Reefの母なので、キンカメ産駒でMill Reefクロスを持つ馬であれば、父が持つこの4分の3同血クロスの関係を強化する血統パターンになる。

そして、タガノグランパは上記5代表を見てわかるように、まさにそのMill Reefクロスを持つ馬なので、父が持つNeriad≓Milan Millを継続・強化させる血統パターンを持つ。

Mill Reefクロスという観点からタガノグランパの血統を見た場合、Northern Dancerの血も併せたラストタイクーン≓カフェドフランスによる相似な血のクロスが存在する。

ラストタイクーン=カフェドフランス

この組み合わせと血統的親和性が高いと思われる血脈が、キングカメハメハの3代母The Dancerである。

彼女の血統は直父系がNorthern Dancerに遡り、母父CharlottesvilleはMill Reefと同じNearco/Prince Roseのニックスを持つ。

Mill Reef2本にThe Dancerを加えた相似クロスは、底力に溢れる力強いスピードが遺伝するような印象を与える。

タガノグランパの血統には、ほかにもラストタイクーン≓マルゼンスキーによる相似クロスがある。

これは、Northern Dancer系種牡馬×Buckpasser牝馬という配合が共通しているためである。

タガノグランパの血統全体を見てみると、キングカメハメハ×スペシャルウィーク牝馬の組み合わせでは全体にHyperion系の血が強化される配合になるので、彼が最後の直線で見せた末脚に見られるように持続するスピードが一つの特長になる。

Xファクターに関しては、カフェドフランスがシングルコピー、タガノターキンがゼロもしくはシングルコピー、そしてタガノグラマラスがシングルコピーというのが私の推測である。

特にタガノグラマラスの血統はXファクターの観点から重要のように思われ、中央で4勝している競走成績にも彼女の才能が垣間見える。

重要だと思われる最たる理由は、父スペシャルウィークの存在にある。

タガノグランパから見ると母父になるスペシャルウィークであるが、この血脈の有効性は『サラBLOOD! vol.2』のなかのエピファネイアに関するページで触れている。

興味のある方はご一読願いたい。

このあとは、皐月賞とNHKマイルCの両睨みらしいタガノグランパ。

右回り・左回りの適性もあるようだが、距離適性がどちらのレースにあるかという点でも悩んでいるのだろう。

こういうとき、すぐ頭に浮かぶのはミオスタチン(スピード遺伝子)のことである。

タガノグランパのミオスタチン型が何なのかは全く知らないが、この馬に限らずそれを推測するのは結構面白い作業だ。

たぶんキンカメはアノ型で、スペシャルウィークはアノ型だろうから、娘のタガノグラマラスはおそらくコノ型で、ということはタガノグランパは…と思わず考えに耽ってしまう。

海外の血統では公表されているミオスタチン型もあるので、それを元に推定レベルでわかる血統もある。

しかし、日本の血統の場合は仮に調査されていてもその多くは公表されていないので、推測するにしても不確実性が高くなってしまう。

それでもやはり、いろいろと推測する作業は面白い。

Xファクターの知識を得たときもそうだったが、ミオスタチンの存在を知って以来、また血統表に対する見方が変わってきたと、最近特に実感している。
[ 2014年03月23日 21:46 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。