私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  種牡馬 >  Kingmanの父Invincible Spiritとベーカバド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Kingmanの父Invincible Spiritとベーカバド

先日開催されたGI愛2000ギニーは、前走のGI英2000ギニーで2着に敗れたKingmanが、ここは1番人気に応えて2着に5馬身差をつけての快勝。

https://www.youtube.com/watch?v=xeVcYvHvvTk

この勝利を見る限り、3歳マイル戦線ではトップレベルの実力を持っていると見なせる。

父のInvincible Spiritは、日本ではあまり馴染みがないかもしれないが、欧州では短距離系種牡馬として人気の高い種牡馬である。

Invincible SpiritにとってKingmanは8世代目の産駒となるが、この種牡馬はKingmanや仏GIモーリス・ド・ゲスト賞3連覇のMoonlight Cloudなど計9頭のGI勝ち馬を輩出しているほか、2歳馬の勝ち上がり頭数の最多記録も持つなど、その種牡馬成績は高いレベルで安定している。

2014年度の種付料が70,000ユーロに設定されているように、欧州短距離界において高い評価を得ているInvincible Spiritであるが、彼の血統を見たとき、2012年より日本で種牡馬入りしているベーカバドと血統的に相似な関係にあると思った。

Invincible=ベーカバド

いずれもGreen Desert系種牡馬×Kris牝馬という組み合わせを持っているのだ。

ただ、その競走成績には違いがあり、Invincible Spiritが6Fを主戦場にしたスプリンターであったのに対し、ベーカバドは仏GIパリ大賞典(12F)を勝っているほか、BCターフ3着や凱旋門賞4着など距離に融通性があった。

だからと言って、ベーカバドに関してはただの中距離馬と見なすのは早計で、2歳7月にデビューして以降、3戦3勝で重賞を制して2歳シーズンを終えているように、ある程度の早熟性も備えている。

また、その3戦とも距離がマイル以下だったこともあり、Invincible Spiritと血統構成が似通っている点も加味すると、この種牡馬は2歳戦から勝ち馬を量産してくることもあり得る。

ベーカバドの血統は、もう一頭のGreen Desert系種牡馬Oasis Dreamとも相似な血の関係にある。

Oasis Dream=ベーカバド

いずれも父系がGreen Desert系であるのはそれほど珍しくもないが、興味深いのは2頭ともその母系にMill ReefとBustedを持っている点である。

また、その位置もOasis Dreamの2代母BahamianがMill Reef×Busted牝馬の組み合わせであるのに対して、ベーカバドの2代母BeheraもMill Reef×Bustino(その父がBusted)牝馬という関係にあり、Bahamian≓Beheraという見方もできる。

実は、GI愛2000ギニーを勝ったKingmanはそのOasis Dreamと近親関係にある。

Kingman=Oasis Dream

上記4頭が織りなす関係はなかなかに興味深い。

全欧2歳チャンピオンのOasis Dreamも種牡馬として成功していて、10頭のGI勝ち馬を輩出しているほか、産駒の勝ち上がり率も非常に高い。

Invincible SpiritやOasis Dreamの成功を見ると、すでに種牡馬入りしているベーカバドやこれから種牡馬入りするであろうKingmanについても、種牡馬としての可能性を感じる。

私の立場から現実的に考えると、日本で種牡馬になっているベーカバドにどのような繁殖牝馬が合うか、ということになる。

Invincible Spiritの産駒を例にとれば、それこそ上記のKingmanなどはベーカバドの配合を考える際に参考になるだろう。

Kingmanの血統を見たとき、まず最初に目につくのがGreen Desert≓ダンシングブレーヴによる相似クロスである。

Green Desert=ダンシングブレーヴ

この2頭はNorthern Dancer系×Sir Gaylord系の組み合わせを持つ点で共通している。

ダンシングブレーヴは日本でも供用されていた種牡馬なので、この血を持つ繁殖牝馬にベーカバドを配合するのは面白いかもしれない。

日本では、例えばエルフィンの2013(牡)がこの相似クロスを持つ。

エルフィンの2013

彼の場合、Mill Reef4×4も良いアクセントになっている。

というのも、Mill Reefが持つNearco/Prince Roseのニックを、Green Desertやダンシングブレーヴ内のSir Gaylordも同様に持っていて、これらの相似クロスも彼の競走能力に好影響を与えてくれるかもしれないからだ。

もう一頭Invincible Spiritの産駒を参考にするなら、豪GIを3勝したYoseiが挙げられる。

Yosei

Invincible Spirit×フジキセキ牝馬という組み合わせからは、ベーカバドがサンデー系牝馬に合う可能性を感じさせる。

この組み合わせからはSir Ivor≓Haloの相似クロスができるほか、Northern Dancer系×サンデー系というニックも派生するからだ。

ベーカバド産駒のなかには、母系にサンデーサイレンスとダンシングブレーヴを持つ血統パターンの馬もいる。

アラマササンデーの2013

アラマササンデーの2013(牝)は、ベーカバドの血統的長所をしっかりと押えている感がある。

私もベーカバドがサンデー系牝馬に合うのではないかと考えていて、自家牧場にもその血統パターンを持つ馬がいる。

可動域の大きい歩様が特長的で、なかなかに気も強くスピード感ある走りを放牧地で見せていて、芝のマイル前後で期待したい馬だ。

最近は、日本で生まれたサンデー系種牡馬に人気が集まる傾向にあるが、ベーカバドのみならず、このブログで扱ったアイルハヴアナザーや以前サラBLOOD!に寄稿したエンパイアメーカー、あるいはヨハネスブルグやヘニーヒューズなど、日高にも期待の大きい非サンデー系種牡馬も輸入されてきている。

また時間があれば、日高の種牡馬を取り上げてみたい。
[ 2014年05月29日 18:30 ] カテゴリ:種牡馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。