私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  Tonalist(米GIベルモントS)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tonalist(米GIベルモントS)

Tonalist

先週末に開催された米三冠最後のレース、GIベルモントSで三冠馬の期待がかかったCalifornia Chrome

正攻法でレースを進めたが、最後は距離適性が出たのか4着に終わった。

代わりに、見事クラシックホースに輝いたのは、California Chromeと同じPulpit系産駒のTonalistだった。

最終コーナーをCalifornia Chromeと一緒に上がってきたTonalistは、直線でもジワジワと伸びて、最後はギリギリ差し切って優勝した。

Tonalistは、米国の人気種牡馬Tapitの産駒である。

そのTapitであるが、タールタンを扱ったときに彼の血統については触れているので、ここでは割愛する。

Tonalistの母Settling Mistは、Xファクターの観点からは興味深い血統背景を持つ。

そこで、上記Tonalistの血統表では、彼のXラインを色分けしてダブルコピー牝馬を赤色に、黄色はシングルコピー牝馬もしくは大きな心臓を伝える可能性が高い種牡馬として、それ以外のラインをグレーでマーキングした。

Settling Mistの3代母Missy Babaからは、A.P.IndyやRuler of the Worldが出るなど名牝系と呼ぶに相応しい拡がりを見せている。

そのMissy Babaだが、Xファクター理論ではシングルコピーと見なされているようで、その娘でSettling Mistの2代母Toll Booth(父Buckpasser)やGay Missile(父Sir Gaylord、A.P.Indy等の牝祖)たちがダブルコピー牝馬とのこと。

Tonalistの血統表を見てわかるように、ダブルコピー牝馬Toll Boothに配合されたTopsiderは特別なXを持っていなかったと思われ、結果として生まれたToll Feeはシングルコピーではなかったかと推測する。

一方で、種牡馬Pleasant Colonyはダブルコピー牝馬Sun Colonyの息子なので、母の持つどちらのXを受け継ごうと優れたXを受け継いだと考えれらる。

そのPleasant Colonyとシングルコピー牝馬Toll Feeとの間に生まれたSettling Mistは、Toll Booth由来のXを母から受け継いでいればダブルコピー牝馬ということになるが、その繁殖成績からは何とも言えない部分がある。

そのため、ここではシングルコピー牝馬という評価に留めた。

さて、ここからはTonalist自身の血統パターンに触れたい。

まずはLassie Dear≒Toll Boothによる4分の3同血クロスが、Tonalistから見ると5×3でクロスしている。

Lassie Dear=Toll Booth

このような相似クロスが近い世代で存在している点は長所だと思われ、また一方の血脈(Toll Booth)がXライン上にあるという点も、個人的には評価したいポイントである。

TolanistにはState≒Topsiderによる相似クロスもある。

State=Topsider.gif

いずれも父系がNorthern Dancer系であり、Topsiderの母父Round TableとStateの母Monarchyが全きょうだいという関係である。

この組み合わせのなかには、Nearco/Prince Roseのニックを持つState、TopsiderおよびDrumtopが存在する。

Tonalistは、このニックを持つ血脈を豊富に持っていて、上記3つの血脈に加えてSeattke Slew、Secretariat、Sir Gaylordもこれに該当する。

系統による組み合わせではなく、単純にNearcoとPrince Roseを持っているという点では、Pleasant Colonyの母Sun Colonyもこれらと親和性のある血脈だろう。

Tonalistは、Nearco/Prince Roseの血脈を豊富に持つことで、優れた中距離スピードや柔軟性を得たのかもしれない。

そして、母Settling Mistはおそらくシングルコピーと評したが、Tonalistの競走能力から察するに、少なくとも彼は母から優れたほうのXを受け継いだのだろう。

いずれにしろ、彼は質の高い血統の持ち主で、順調ならこれから先もGIを勝てる器だと思う。

米GIベルモントSの勝ち馬は、米国においては他の二冠を制した馬よりも種牡馬として低評価される傾向にあるが、この馬に関しては種牡馬として将来有望だというのが個人的な見解である。

[ 2014年06月10日 20:01 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。