私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  トーホウジャッカル(GI菊花賞)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トーホウジャッカル(GI菊花賞)

トーホウジャッカル

スペシャルウィークにとっては、牡駒による初の芝GI勝ち馬ではないか。

GI菊花賞は、ダービー馬ワンアンドオンリーが1番人気に推されるなか、勝ったのは重賞勝ちのないトーホウジャッカルだった。

他にも数頭の重賞勝ち馬が出走するなかで3番人気だったトーホウジャッカル。

いくら重賞勝ちがないとはいえ、多くの競馬ファンの方々がこの馬のポテンシャルに注目していたのだろう。

改めて彼の血統を見てみると、確かに牝系も良く優れた血統をしている。

父のスペシャルウィークについては、このブログで母父としては取り上げたことがあるが、父としては初めてかもしれない。

最近は以前ほどの種付頭数をこなしていないが、それでも本馬やウインフルブルームなど活躍馬を出し続けていて、改めて能力の高い種牡馬なのだと再認識した。

その血統は、サンデー×マルゼンスキー牝馬という配合で、Halo≒Nijinsky≒Buckpasserによる相似クロスができるのが血統的特長である。

ただ、スペシャルウィークに高い芝適性を与えたのはGulf Stream≒セントクレスピンによる相似クロスなのかもしれない。

Gulf Stream=セントクレスピン

この2つの血脈は、スペシャルの血統では5×3の位置でクロスしている。

そして、上記の血統表を見ると両者は父系がHyperion系、母父がFairway(Pharos)系、さらには2代母の父がSwynford系という点まで共通していて、血統的親和性が高い関係だと言える。

上記2つの血脈のように、Hyperion系×Nearco(あるいはその父Pharos(Fairwayも含む))系のニックから成る血脈を多く持つ馬は、比較的芝適性が高いのではないかと個人的には考えている。

もちろん、それは血統面だけに限った話しであり、実際には体質などを含めた馬体面も重要であることは言うまでもない。

例えば、芝GIの勝ち馬であるシーザリオは母父Sadler's WellsがNearco/Hyperionのニックを2本持つ血脈である。

また、ブエナビスタは母父Caerleonの直父系Nearctic(Nearco×Hyperion牝馬)のほかに、Sticky Case(Lord Gayleの母)がFairway系×Hyperion牝馬の組み合わせを持つ。

一方、ダートGIを勝っているミラクルレジェンドやゴルトブリッツなどは、Nearco×Hyperionの血脈を持ってはいるが、同時に高いダート適性を伝えるBuckpasserクロスを持つなど、成績通りダート馬らしい血統パターンをしている。

これらのスペシャルウィーク産駒の傾向を踏まえた上で、トーホウジャッカルの母トーホウガイアの血統に注目してみる。

彼女の父Unbridled's Songは個人的に好きな血脈で、バンドワゴンの過去記事でも触れた。

その記事のなかで、Unbridled's Songを持つ馬を考察するときは、うまくLucky Melを生かしているか否かがポイントになることを指摘した。

その観点から、トーホウガイアの母Agamiを見ると、彼女の2代父にLucky Melと血統的親和性のあるNorthern Dancerの名前を見つけることができる。

Lucky Mel=Northern Dancer

Lucky Mel自身がHyperion/Nearcoのニックを持つが、Northern Dancerの父Nearcticも同じニックを持つ。

さらに、両者の2代母の父がいずれもMahmoudという点も同じだ。

視点を変えると、Unbridled's Songの血統はNorthern Dancerの血脈と相性が良い可能性があるということだ。

この点は、来春から供用開始されるダンカークの配合にも活かせるかもしれない。

トーホウガイアの血統に話しを戻すと、Lucky Mel≒Quiet Charmという相似クロスも存在する。

Lucky Mel=Quiet Charm

こちらもNearco、Hyperion、Mahmoudを持つ点で共通している。

上記の関係から、トーホウガイアの母AgamiがNorthern Dancer≒Quiet Charmという相似クロスを持っていることがわかる。

そこには、息子と娘を経たNearctic3×3というアクセントの効いたクロスがあって、この牝系の特徴の一つになっている。

日本でも、Agamiの全姉でマル外として活躍したスリーエフの牝系が枝葉を伸ばしていて、コンスタントに勝ち馬が出ている。

ここまで考察してきた限りでは、トーホウガイアにはNorthern Dancerを持つ種牡馬が好ましいと言えそうだ。

半姉で重賞勝ち馬のトーホウアマポーラについては、父がNorthern Dancerを持たないフジキセキなのだが、この血統の場合はミルレーサー≒Gana Facilによる4分の3同血クロスがアクセントを与えている。

スペシャルウィーク×トーホウガイアから生まれたトーホウジャッカルの場合は、母の血統的特長を活かすべくNorthern Dancerをクロスさせる血統パターンになった。

これにより、Unbridled's Song内Lucky Melやジャッカルの4代母Quiet Charmの血を活かすことに成功している。

また、父スペシャルウィークが持っていたHyperion/Nearcoの活かし方についても、母トーホウガイアがNearcticを2本とLucky Mel、さらにSpecialも持っていることから、父の産駒のなかでも芝適性の高い血統パターンに仕上がった。

血統的には、スペシャルウィーク産駒のなかでも良血馬に入るトーホウジャッカル。

成長力も見込めそうな血統でもあり、またGI馬とはいえキャリアも浅いことから、古馬になればさらにパワーアップした姿でGI路線を盛り上げてくれそうだ。

この原稿を書いているなか、アドマイヤラクティ急死のニュースを目にした。

前回のブログで扱ったばかりで、これからのさらなる飛躍を期待していただけに、今はただご冥福を祈りたい。
[ 2014年11月03日 05:32 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。