私的血統論

馬産地・日高地方から競走馬の血統を考察するブログ
私的血統論 TOP  >  スポンサー広告 >  競走馬 >  サトノクラウン(GⅢ東京スポーツ杯2歳S)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サトノクラウン(GⅢ東京スポーツ杯2歳S)

サトノクラウン

月曜開催となったGⅢ東京スポーツ杯2歳Sは、1番人気のアヴニールマルシェをクビ差交わした持ち込み馬のサトノクラウンが優勝。

ディープ産駒らしく直線よく伸びたアヴニールマルシェだったが、それを差し切るのだから大したものだ。

父のMarjuは、日本ではあまり馴染みのない種牡馬である。

英GIのセントジェームズパレスS(8F)を勝っている馬であるが、この種牡馬の場合は母が愛国の名牝Flame of Taraで、半姉に英1000ギニー・オークスのほか愛ダービーなども制した名牝Salsabilがいる点が魅力だ。

Mayjuの血統には、有名なニックを用いるなどの顕著な配合手法は見当たらないが、Mill Reef≒アーテイアスやIrish Lass≒Welsh Pageantといった相似クロスは存在する。


Mill Reef=アーテイアス

Irish Lass=Welsh Pageant

Mill Reef≒アーテイアスについては両者ともPrincequillo、Djebel、Hyperionを持つ点で共通している。

また、Irish Lass≒Welsh Pageantに関しては両者ともFair WayとHurry Onを持つ点に加えて、Sayajirao=Danteの全きょうだいクロスができる。

このように、一見するとそれほど血統的相性が良くなさそうなラストタイクーンとFlame of Taraであるが、彼らを両親に持つMarjuから見るとそれなりの血統パターンに仕上がっている。

一方、サトノクラウンの母ジョコンダの血統に目を向けると、なかなかに興味深い血統パターンをしている。

彼女の牝系に代々配合されてきた種牡馬は、一般的にはそれほど評価が高くないだろう。

ただ、、種付料の安い種牡馬とはいえ、彼女の父Rossiniや母父Vettoriの2頭は血の質が非常に高く、それぞれの母であるTouch of Greatness≒Air Distingueは相似クロスの関係にある。

Touch of Greatness=Air Distingue

上記血統表に示したように、いずれもNorthern Dancer、Sir IvorそしてPrincequilloを持つ点で共通しているのがわかる。

サトノクラウンの牝系は、この牝系にVettoriが配合されたLa Jocondeの代から活気づいてきた感があり、そこにRossiniが配合されてジョコンダというレベルの高い牝馬が生まれた。

Rossini、Vettoriの2頭は、Xファクターの観点から牝系を強化できる血脈であり、近い世代に血統的親和性も認められるこの2頭が配された効果は大きいと考える。

ジョコンダという優れた母から生まれたサトノクラウンの配合は、全姉に英GIチェバリーパークSを勝ったLightening Pearlがいるなど、すでに成功している血統パターンを持つ。

ジョコンダが持っていたTouch of Greatness≒Air Distingueは、そのなかの血脈のNorthern DancerやNearco/Prince Roseの血脈を、2代父に同じ傾向を持つラストタイクーンを迎えることで、その血統傾向を継続させることに成功している。

あるいは、ラストタイクーン≒Rossiniという見方もできるだろう。

ラストタイクーン=Rossini

2頭ともNorthern Dancer、Buckpasser、Princequilloを持つ点で共通している。

さらに、Nearco/Prince Roseのニックから成る血脈が3本(Mill Reef、Rose Bower、Sir Gaylord)存在するなど、ラストタイクーン≒Rossiniの血統的親和性は高い。

実馬は見ていないが、テレビ越しに見たサトノクラウンは2代父ラストタイクーンの雰囲気を感じつつも、その割にはしっかりとした体つきのように映った。

英国タタソールズの繁殖セールで何頭かMarjuを父に持つ繁殖牝馬を見たことがあるが、そのときはラストタイクーンの肌馬よりもMarjuを通じたほうが少しゴツい感じの馬体に出るなと思った。

そういう意味では、父似の馬なのだろうか。

鞍上の話しでは「距離は2000Mかそれ以上でも」とのことらしいが、短距離GIを制した全姉がいるものの、血統的には確かに2000M前後が合いそうな血統パターンをしている。
[ 2014年11月25日 17:10 ] カテゴリ:競走馬 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。